教会葬儀

キリスト教会葬儀



キリスト教葬儀、長崎古町教会での葬儀について寄せられた質問の主なものにごく簡単ではありますが回答いたしました。他にご質問がございましたら、遠慮なく教会までお問い合わせください。

①お香典の表書きは何と書けば良いですか?

キリスト教では「御香典」、「御霊前」ではなく「お花料」と書きます。薄墨でなくとも結構です。

②服装に決まりはありますか。ベールやロザリオは必要ですか?

葬儀に参列される方の服装は、日本の一般的な葬儀と同様です。
ベールやロザリオはカトリック信者の方は用いられますが、プロテスタントでは信者であるなしに関わりなく使いません。

③スタンド花(供花)、盛篭などを送りたいのですがどうしたら良いでしょうか?

教会に電話でお問合せください。葬儀社の生花受付、教会出入りの生花店をご紹介いたします。 電話095-823-6528(古町教会)
なお、教会では果物篭や乾物盛篭などは致しませんのでご了承ください。

④電報を送りたいのですが、キリスト教式の文面がありますか?

特別な決まりはありませんが、「冥土での幸いを祈る」という意味の「ご冥福を…」という言い方の代わりに、以下のような文面を用います。

例文
① 〇〇様の御逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
     在りし日のお姿を偲び、心から平安をお祈りいたします。

② 〇〇様のご召天の報に接し、心よりお悔み申し上げます。
     ご遺族皆様の上に、天よりの慰めと平安をお祈りいたします。

⑤献花には作法がありますか?

係の者が、前の席から順に献花台にご案内いたします。
御参列者様には、献花台の手前でお花が一輪手渡されます。
献花台に進み、花が手前、茎が遺影側になるようにお花を捧げます。
黙祷をしてお下がりください。

⑥逝去から納骨までの一連の式はどのようになっていますか?

一般的には以下のように式が行われます。
逝去直後:枕辺の祈り
逝去日の夜:仮通夜、納棺式
逝去翌日の夜:前夜式(通夜の祈り)
逝去翌々日:葬儀 
葬斎場からの帰りにご遺族で食事の席を設けられることも多くなっています。
49日、あるいは50日頃:召天記念礼拝
教会、あるいは自宅に集まり記念の礼拝を行います。墓地の用意が整っている場合は、この頃に納骨式を行います。

⑦教会近くに宿泊できる場所はありますか?

教会堂内には宿泊施設がありません。近隣のホテルをご利用ください。
ホテル・ニュー長崎 (095)826-8000(代) 古町教会徒歩15分 タクシー4分
ホテル・クオーレ  (095)818-9000(代) 古町教会徒歩15分 タクシー4分
ワシントンホテル  (095)828-1211(代) 古町教会タクシー7分

⑧教会には駐車場がありますか?

大変申し訳ありません。教会には、一般ご会葬者様用の駐車場の用意はございません。
近隣にコインパーキングが複数ありますのでご利用ください。また公共交通機関のご利用にご協力をお願いいたします。

⑨葬儀が終わってから訃報を聞きました。自宅にお参りに行きたいのですが、どのようにしたら良いでしょうか。

ご自宅に伺われる場合は、事前に電話などでその旨をお伝えになってからお出かけください。
金封を持参される場合は、表書きを「お花料」とします。金封以外のものでしたら、生花のアレンジメントや花束などを持参されるのもよいでしょう。
遺影・遺骨などの前では手をあわせて黙祷をいたします。手の組み方は、指を交して組んでも、両手をあわせるだけでも、どちらでも構いません。

⑩洗礼を受けていないのですが、教会で葬儀をしてもらうことは出来るでしょうか?

洗礼を受けておられることが望ましいですが、どうぞ牧師までご相談ください。