教会案内

長崎古町教会について

church.JPG古町教会外観1859年(安政6年)、アメリカのオランダ改革派教会は、長崎とゆかりの深いオランダ・ツァイストに生まれた、キドー・フルベッキ宣教師を長崎に派遣しました。
まだキリシタン禁教下にあった長崎において、プロテスタント最初の宣教が開始されます。大浦天主堂が建てられ、プチジャン神父による信徒発見がなされる6年前のことでした。

1873年禁教令が廃止されると、翌1874年、梅香崎に長い間の願いであった教会堂が建立されます。今日まで続く教会の、最初の礎となる礼拝堂の奉献でした。
時を経て1919年3月、ミッションボードは古町の現在地に教会の土地建物を得て、宣教を開始しました。古町での最初の宣教師は、後に横浜フェリスの校長として着任するルーマン・J・シェーファー宣教師です。

教会は、フルベッキ宣教師による宣教開始以来、いつの日も「ここに救いがある」ことを人々に告げています。




IMG_7237.JPG教会玄関のステンドグラス教会創立に至るまでには、オランダ改革派教会から派遣された宣教師たちや、教会に集うキリスト者たちの多くの祈りが積み重ねられてきました。

長崎古町教会はフルベッキ宣教師来崎から数えて一世紀半以上の歩みを、そして古町の現在地に教会が建てられてから一世紀近くの歩みをなしてきました。
今、教会は、受け継いできた聖書の豊かな恵みと、信仰の喜び、生きることの喜びをより多くの方々と共に分かち合いたいと願っています。





Organ.jpg2014年クリスマス、古町教会にとっては信仰の源流ともなる、オランダ・ミッデルハルニスにある改革教会より、半世紀近くにわたって地域で愛され親しまれてきた、美しいパイプオルガンが移設されました。
宗教改革によって、プロテスタント改革教会の信仰が広まったオランダの教会にとって、会衆の歌う賛美歌を支えるオルガンは、なくてはならない楽器となりました。
長崎の地で響き始めた、オランダ生まれのオルガンは、優しく豊かな響きをもってわたしたちを包み込んでいます。
このオルガンは、毎週日曜日の礼拝、そして時折開催されるオルガンコンサートで演奏されます。どうぞ、どなたでも教会におでかけください。


牧師のプロフィール

Rev_Fujii.jpg藤井清邦牧師
岡山県生まれ、広島県福山市育ち。東京神学大学卒、東京神学大学大学院組織神学専攻・神学修士。論文「イヴ・コンガールの聖霊論―プロテスタント教会の視点から―」。
同大学院博士課程前期終了後、日本基督教団銀座教会伝道師、同教会副牧師を経て2011年より日本基督教団長崎古町教会主任牧師。

神学における短期的研究テーマとして「日本宣教における『キリスト者の家庭』」「『神の家族としての教会』の考察」。長期的研究テーマとして三位一体論、エキュメニズムについて。

現在、長崎キリスト教協議会運営委員長(2012年4月~)、長崎県宗教者懇話会員。









.