礼拝説教

イースターメッセージ
「共に喜び、告げ知らせよう
主キリストは復活された」

ローマの信徒への手紙8章9~11、14~17節
藤井清邦牧師

IMG_0106.JPG 主のご復活、おめでとうございます。

 わたしたちはキリストを信じる全世界の兄弟姉妹と共に、復活の主をたたえて礼拝を捧げます。
 イースターを祝うわたしたちは、何と幸いな者でしょうか。それは、誰も逃れることが出来ない死の深い暗闇にも、光が射しこみ、命が目覚めることを知り、信じたからです。
 ただ信じたというだけではありません。信じて洗礼を受けたわたしたちは、使徒パウロが「イエスを死者の中から復活させた方の霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリストを死者の中から復活させた方は、あなたがたの内に宿っているその霊によって、あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださるでしょう」(ロマ8:9-10)と告げている通り、わたしたち自身の内に、復活のいのちを宿して生きる者とされているのです。
 今年のイースターの礼拝で、神様から洗礼の恵みを頂く方々がおられます。洗礼は、わたしたちがキリストと共に死に、イエスを死者の中から復活させた方の霊によって、新しく生きる出来事です。それは、わたしたちの死にゆく体のうちに、イエスの復活のいのちを宿して生き始めていく事なのです。

 わたしが保育園の年少の頃、いつもわたしを可愛がってくれていた近所のおじいさんが亡くなりました。はじめて親しい人の死に立ち会いました。幼なかったわたしの心に、あの箱の中のおじいさんはどうなってしまうのだろうという、不気味な気持ちが入り込んできました。それは、いつか人間は死に、自分自身も例外ではない、そうした死への不安そのものであったように思います。
 わたしたちは幾度も愛する者の葬りに立会い、墓が愛する者を閉じ込めていく様子を目撃し、その度に涙を流してきた者です。
 しかし、イースターの朝、マリアは墓が開かれているのを見ました。主の天使が告げる、キリストの復活の喜ばしい知らせを聞いたのです。
 天使は言いました。「あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる」(マタイ28:7)と。
わたしたちのために死を身に受けてくださった主は、いま生きておられる。墓が開かれたのです!

 主の天使は、今この時も、墓に佇み悲しみに暮れる者たちに、復活の喜ばしいおとずれを宣言しています。
 マリアが、その目で見たこと、墓での出来事、目の当たりに出会った復活のキリストを証ししています。天使は、マリアが出会った復活のキリストは、あなたがたより先にガリラヤに行き待っておられるというのです。そしてわたしたちもその主に「そこでお目にかかれる」というのです。復活のキリストが、わたしたちに出会ってくださるのです。

 わたしたちは刻一刻と近づく「死」ではなく、キリストのうちに目覚める希望の朝に向かって生きています。
 毎年、受難日が近づくと、どこの教会でもオルガニストたちは復活祭の奏楽曲や讃美歌の練習に力が入ります。まだ主の十字架の死をおぼえる受難日を迎えていないのに、礼拝堂にはオルガニストの練習するイースターの讃美が鳴り響きます。わたしたちも、死のかなたに高らかに鳴り響く、復活の喜びの讃美を先取りしつつ、歌いつつ歩むのです。
 キリストを死者の中から復活させた方は「あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださる」。その御言葉を信じ、わたしたちも共に復活のキリストをたたえ、祝いましょう。
 そしてその喜びを、家族に、友人たちに、周囲のすべての人々に伝えたいのです。

主キリストは復活された。ハレルヤ!

2017年4月 月報説教より