礼拝説教

宗教改革500年によせて
「信仰によって義とされ」

ローマの信徒への手紙1章17節
藤井清邦牧師

IMG_0106.JPG
 2017年10月31日、マルティン・ルターの宗教改革から500年の記念すべき時を迎えます。宗教改革は、教会の分裂の出来事となりましたが、一方では教会の信仰の刷新の出来事でもありました。

     ◇

 ルターの宗教改革の根本にあったのは、どうすれば罪びとである人間は、罪を赦され、救いに与ることができるのかという深い苦悩ともいえる問いでした。
 ルターは、ローマの信徒への手紙を通して、神の義とは、罪人を裁いて滅ぼすことではなく、信じる者を、ただ恵みによって義とし救うという、神の義であることに気づかされます。
 使徒パウロは、ローマの信徒への手紙1章17節で「福音は、信じるものすべてに救いをもたらす神のカ」だと力強く語ります。救いをもたらすのは人間の努力ではなく、神のカだというのです。この救いの力は、信じるものすべてに、救いを得させる力なのです。

     ◇

 ところで、わたしたちはどこに神の力を見ることができるでしょうか。そして、その神の力とは、一体どのような力なのでしょうか。
 それは、罪びとの救いのために、ご自身の御子をさえ惜しむことなく十字架に差し出すとぃう、神の愛の力です。この神の力によってこそ、わたしたちの救いは実現していくのです。
 何の功もないわたしたちが、人間の良い業でも、功績によるのでもなく、ただ十字架によってのみ、罪を赦され、救いに与ることができる者とされていくのです。

     ◇

 宗教改革者マルティン・ルターは、次のような祈りを遺しています。
「神よ、
わたし身について見るなら、
キリストを離れては、
わたしは罪びとです。しかし、
わたしの主であるキリストにおいて
わたしは罪びとではありません。
というのは、わたしがかたく
信じている通り、
主はその血をもって、わたしの
すべての罪を
贖ってくださったからです。
わたしはそのことを、
とこしえに主に感謝します。
アーメン」

 聖書の見つめる「義人」とは、自分の罪や貧しさを覚えつつも、それでも神の赦しの中で、主に信頼して生きる仰者のことです。
 ルターは、パウロの教える通り、人は律法の実行によってではなく、ただイエス・キリストへの信仰によって義とされることを信じ、宗教改革の激動の中を生きぬいていきました。そしてその生涯は、現代の教会とわたしたち一人ひとりに、信仰の問いを投げかけています。

2017年9、10月 月報説教より